バスケの華!バックチェンジ(ビハインドザバック)のコツと練習方法

この記事ではバックチェンジのコツや練習方法について解説します。

バスケの華とも言えるバックチェンジ。ビハインド・ザ・バックドリブルとも呼ばれる技術です。

初心者でも出来るバックチェンジのやり方や試合での使い方などを細かく解説するので、バスケ上達にお役立て下さい!

バスケ選手はバックチェンジを練習すべき!メリット・デメリットは?

  • 実戦では使えない
  • ミスに繋がりやすい
  • ただのカッコつけ

バックチェンジのような華やかなプレイに対して、以上のようなネガティブな印象を持っている人もいるかも知れません。

しかし、ハッキリ言ってバックチェンジはめちゃくちゃ使えます。

確かに難しい技術ではありますが、時間をかけて習得するだけの価値がある技術なのは間違いないでしょう。

僕の場合はディフェンスにコースを読まれた際に、とっさに使うのはいつもバックチェンジ。

ボールを安全にチェンジしつつディフェンスから距離を取ることが出来るので、バックチェンジのお陰でターンオーバーが減ったのは間違いありません。

ディフェンスがバランスを崩していればそこからシュートも打てますし、ポイントガード以外のポジションであってもぜひとも習得したい技術だと強く強調しておきます。

バックチェンジのメリットとデメリットについて簡単に紹介していきますね!

使わないほうが良い?バックチェンジの2つのデメリット

[box01 title=”バックチェンジの2つのデメリット”]

  • ボールのコントロールが難しい
  • ネガティブな印象を持つ人もいる


[/box01]

ボールを背面で通すバックチェンジは、コントロールが難しいのがネック。

足やお尻にボールが当たってしまうこともあるでしょうし、完全にボールが視野から隠れるので切り返し後の保持も難しいです。

バックチェンジに対して否定的な考え方をするような人もいると思います。

ぶっちゃけそんな考え方は時代遅れだと思うんですけどね~(笑)

めちゃくちゃ使える…!バックチェンジの3つのメリット!

[box02 title=”バックチェンジの3つのメリット”]

  1. 安全にボールをチェンジ出来る
  2. ディフェンスの視野からボールが消えるので守りにくい
  3. 格好良い(笑)

[/box02]

以上のようなメリットがあるバックチェンジ。

フロントチェンジやレッグスルーではボールを取られてしまうような場面でも、バックチェンジなら安全に切り返すことが出来ます。

スピンムーブのように視野が切れる事もありません。

リングに正対したままドリブルチェンジを行えばシュートにも移行しやすいですし、他のディフェンスの状況も確認できます。

メリットが多いからこそ多くのNBA選手が使うバックチェンジ。

地道な練習を積み重ねてきた良かったなと思いますし、自信を持っておすすめ出来るドリブル技術です。

初心者向け!バックチェンジの練習方法を解説している動画を紹介!

  1. 1回バックチェンジをしたらキャッチ⇒逆方向にバックチェンジ
  2. 1回バックチェンジをしたら体の前を通す⇒同方向でバックチェンジ
  3. 連続バックチェンジ

バックチェンジを連続で行うことが出来ないという人におすすめなのがこちらの動画。

以上の3つのステップで、連続でバックチェンジが出来るようになるはずです。

僕の場合は、この動画を見た時には既にバックチェンジが出来てしまっていたのですが、指導の際などには参考にさせて頂いております。

まずはその場でのバックチェンジを連続で行えるように。

その上で動きながらのバックチェンジを練習して、いざという時にとっさにビハインドドリブルが出てくるようにしましょう。

実戦でバックチェンジを使う際のコツと意識したいポイント!

止まった状態でのバックチェンジは出来るようになったけど、なかなか試合の中では使えない…。

そんな人のために、試合でよくあるシチュエーションごとにバックチェンジのコツやポイントを解説します。

ボール運びなどで前方に進む際に使うバックチェンジのコツ

  1. ボールが後ろに行かないように進行方向にボールを向ける
  2. 切り返す手で反対側のお尻を叩くようなイメージ
  3. 切り返したボールを遠くに突きすぎないように注意する

斜め前方に進む際にバックチェンジを使う場合は、安全に方向転換出来るのがバックチェンジのメリット。

ボールが後ろに行ってしまわないように、自分の進行方向に強く押し出すのがコツです。

右手でバックチェンジをして左方向に切り返す際には、左のお尻を右の手のひらで叩くような感覚で行うと良いでしょう。

ボールが体から離れすぎないように、なるべく近くについたほうがコントロールしやすいと思いますよ!

急激にストップする際に使うバックチェンジのコツ

  1. 切り返しと同時に後方にステップバックする
  2. 反対側の手でディフェンスを軽く抑える
  3. 切り返したボールを正確に保持して次のプレイにつなげる

ドライブに対してディフェンスに対応されて完全にコースに入られた時。

急激にストップする際に役立つのがバックチェンジです。

フロントチェンジをするスペースも無く、レッグスルー出来る脚ではない。

ボールを後ろに逃しながら止まることで、ディフェンスとのズレを生み出すことが出来るはずです。

可能であれば、止まるだけではなく後方にステップバックすること。

ドリブルをしていない方の手で軽くディフェンスを抑えて、動きを制限するのもポイントです。

切り返し後のシュートを練習しておけば、ここぞという場面で役立つ必殺技になると思いますよ!

NBA選手のバックチェンジ!動画でイメージをつかむ!

バックチェンジの練習方法とコツを理解したら、あとはひたすら反復練習。加えて、NBA選手の動画を見ながらイメージトレーニングをしましょう!思わず二度見してしまうようなバックチェンジの動画を厳選して紹介しますね!

NBA選手のバックチェンジ①:カイリー・アービングのダブルビハインドバック!

NBA史上でも最高のハンドラーと言っても過言ではないカイリー・アービング。

動画で紹介されているのはダブルビハインドバックという技術です。

1つ目のバックチェンジに対応したディフェンスを見て、即座に背面で切り返し。

こんなプレイが試合で出来たらめちゃくちゃ盛り上がること間違いなしですよね!

NBA選手のバックチェンジ②:ステフィン・カリーのハイライト動画!

細かくてキレのあるムーブを自在に組み合わせるステフィン・カリー。

世界最高のアウトサイドシュートと卓抜したハンドリングを併せ持つNBA屈指のスター選手です。

バックチェンジだけでなく、華麗なビハインドザバックパスも堪能できる贅沢な動画。

シュートやパスに目を奪われがちですが、いくつもの動きを連続で組み合わせられるハンドリング力こそが、カリーの得点力の源泉だとも言えるでしょう。

NBA選手のバックチェンジ③:抜群のキレを誇るジャマール・クロフォード!

30代後半になっても一向にキレが衰えないジャマール・クロフォード。

今回紹介するのはディフェンスとの距離を作るバックチェンジの動画です。

ジャマール・クロフォードは両足ストップ・両足ジャンプでスペースを作っています。

ジャンプストップからのシュートが得意な選手なのでこの動きになったんでしょうね。

華麗なボールムーブに目を奪われがちですが、フットワークにも注意して細かい部分まで真似できるようにしましょう!

バスケのバックチェンジについてまとめ

華麗なだけでなく実用性も非常に高いバックチェンジ。

自在に使いこなすまでには相当な練習が必要になりますが、ぜひとも習得して欲しい技術の一つです。

NBA選手のようなビハインドザバックドリブルを目指して、この記事を参考に練習に取り組んでみて下さいね!